>

競争を勝ち抜くには

極端に早すぎても早すぎることはない

結婚式などは季節を問わず不定期に行われるので、余程のことがない限りはレンタル衣裳をごっそりレンタルされて貸し出し中のみになってしまうということはありません。
しかし季節のイベント、特に成人式は一生に一度ということもあって世の親御様方の気合いの入れようは半端なものではありません。

予約に関しては早ければ自分が主役となる成人式の二年前から取る人もいるようです。
早すぎるのではないかと思う方もいるかもしれませんが、意外とその時期から動き始める人は多いですよ。
そうなると出遅れは致命的なものとなってしまいます。
他のイベントに関しても早く予約を取るに越したことはないので、あらかじめいつから予約を取ることが出来るのか確認するようにしましょう。

狙い目を考える

成人式に焦点を置いて考えれば、振袖の選択肢が一番増えるタイミングは成人式が終わって後処理が終わった辺りです。
成人式で貸し出していたものが次々と戻ってくる上に、この前後で新作が発表されるからです。

しかし翌年が成人式本番とすると、このタイミングでの予約は既に一年を切っていることになってしまいます。
一年を切っていれば殆どの方がある程度の準備を終えていることでしょう。
穴場を見つけられるのであれば話は変わりますが、そうでない場合は時既に遅しとなってしまってもおかしくはありません。
これらの理由から、自分が成人式に参加する二年前ぐらいに予約を取ってしまうのが良いと言われています。
あまり早くから予約すると忘れてしまいそうな気もしますが、そうでもしないと一生の思い出をより良いものにすることは難しいでしょう。


この記事をシェアする