>

当たり前だけど注意しておきたいこと

良かれと思ってした事が逆効果になることも

衣裳をレンタルした際は何よりも汚れや破損に気をつけなければなりません。
誰もが認識しているとは思いますが、故意でなくとも何かの拍子に汚してしまったり破損させてしまうことも可能性としては十分にあります。
悪意が無ければそうなってしまった時に焦るのは当然仕方のないことですが、無闇に自分で手をつけるのは得策ではありません。
場所によっては自分たちで行う為、返却時のクリーニングなどが不要というところもあるので、まずはその旨を報告した方が良いでしょう。

また、レンタルということは直前まで他の誰かが使っていたと考えるのが普通です。
しっかりと確認が漏れていなければ問題ありませんが、店側がチェックを怠っていると自分が借りた際に汚れ、破損させたと思われる可能性もあります。
レンタル時には自身でも状態のチェックはしておくべきです。

延滞料金に注意

早め早めの予約が重要となることは言うまでもありませんが、急な用事で予約をキャンセルしなければならないことも時にはあると思います。
しかしレンタルをしたいのは貴方だけではありません。
貴方がレンタルした後に別の方が予約を入れていることだって十分に考えられます。
予約してすぐのキャンセルであれば影響は無くても、ある程度日にちが経ってからやレンタル予定日の直前などのキャンセルは店側からすれば大損害になります。
当然旅行などのようにキャンセル料が発生するので前もって予約を入れるのであれば、他の用事よりも優先しなければなりません。

他にもそれぞれ規定はありますが、ネットでの利用の場合は返却時もレンタルの期間内に済ませなければならないので早めの発送が必要です。


この記事をシェアする